« Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ⑧天国と地獄と 滋賀→京都入り | トップページ | Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ⑩大阪 »

2010年10月29日 (金)

Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ⑨不屈 京都

(こりゃもう無理だな……)
 周りに憚る事無く「オエェェェェ」と声を出しながらそう思う。強烈な吐き気と共に胃袋から戻ってくるモノは何もない。そもそも胃の中に戻すようなモノは入ってない。随分前からジェルすらまともに取れていないし、水とて大量に飲んでいたわけではないから。

 吐き気がおさまると俺はクリートをペダルに装着し、目の前の登り坂に向かってクランクを回す。
(距離は55km。補給はできない。さて、どこまで行けるかな)

 別に俺は敢闘精神を持ち合わせているわけじゃない。根性があるわけでもない。ほとんど悪ノリでこんなことし始めただけだ。それでも続行したのは、つまらない意地とキャノボ板住人の応援、そして浜名湖での遭遇・エール交換があったからだろう。
 俺は名も無き応援者たちが背中を押してくれる光景を妄想しながら
「ここでやめられるような奴なら始めっからこんなことしてねーよっ、と」
ブツクサ呟き苦笑いを浮かべて坂を登る。

 トンネルをくぐると下り坂。重力に身を任せて下ると見覚えのある道。
(東山三十六峰マウンテンマラソンで通ったなぁ)
 去年の思い出を振り返った。

 下りきって東山五条交差点で左折して一時一号離脱。平坦路を10~20km/hでしばらく走る。糖質エネルギー消費を極力抑えて、しばらく胃を休ませた。そうして走ったのは体感では20~30分だと思っていたが、多分10~15分くらいだったのだろう。そうでないと進んだ距離の辻褄が合わない。
 俺は恐る恐る飴玉を口にした。胃が破綻しないよう、時折歯に挟んで溶かすのを止めたりしながらゆっくりゆっくり舐めた。水は、舌を湿らす程度口に含んで飲む。……神の味がした。胃の負担を最小限にしながら補給を再開する。巡航速度は25km/hまで上げた。道なりに進んで一号に戻る。

 時刻21:26、506km地点。24時間で進めた距離。

 周りにある旨そうな飯屋の看板を見ながら
「ゴールしてもまともなもん食えねー俺になんの嫌がらせだ!」
と一人突っ込む。

 残り少なくなった水補給の為自販機で止まる。板を確認するとエール交換したキャノンボーラーが23時間ちょいで日本橋ゴールを果たしていた。祝辞を書き込んでから出発。時刻は21:50、残り30km。
(アベ20km/hで1時間半。今日中ゴールは可能っぽい。何事も無ければ26時間は切れるかな?)
 特に意味はないが、なんとなく26時間切りしたいなーと思うようになる。

 体力、脚はまだまだイケる。胃はじんわりと焼けるような感覚。耐えられない様な激しい痛みではないが何か嫌な感じ。
(なんつーか長生きできる性格じゃねーよなー。生命線も短いしっ)
とか、そんな事を考えていた。


 正確な時間、距離は覚えていない。22時頃だったろうか。

 大阪府枚方市

 府境表示が目に入った。それと同時に万感の思いが去来する。


 俺の目には涙が溢れ出ていた。

« Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ⑧天国と地獄と 滋賀→京都入り | トップページ | Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ⑩大阪 »

自転車」カテゴリの記事

Cannonball」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ⑨不屈 京都:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/10/30 09:19) [ケノーベル エージェント]
枚方市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ⑧天国と地獄と 滋賀→京都入り | トップページ | Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ⑩大阪 »