« Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ②天下の険、箱根 | トップページ | レシピ備忘:野菜豆乳煮込み »

2010年10月20日 (水)

Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ③東海の巨人 静岡(前編)

 これから先の長い下りで身体を冷やさない為に、俺は雨具を着込んだ。目の前には静岡との境を示す看板がある。1:46、その境界を越えて静岡入りした。

 箱根峠は15km続く。コーナーも程よいRで、とても気持ちがいい。登りの苦労を吹っ飛ばすかのように景色が後方へ流れていった。
 楽しい時間は過ぎ行くのが早い。あっという間に下界へと降りてしまった。ここは静岡東部の街、三島。昨日の夜、俺はこの街から新幹線に乗って東京へ旅立ったのだ。
(このまま家に帰って眠りたいな)
 本気ではないもののそんな思考が頭に過ぎり、かすかに苦笑した。

 箱根のてっぺんでパンを食べたのだが、少々空腹を感じたので予備食のカーボショッツを飲んだ。ここからしばらくは平坦。だがキャノボの中でもっとも距離が長い県、静岡。都道府県別面積13位とそこそこの大きさではあるが、問題はその横の長さ。Google Mapのルート検索で179kmある。キャノボ中3割強は静岡が占めるのだ。その長さゆえ、いつまでも静岡が終らない感覚に襲われ心が蝕まれてしまう。俺はこれから闘う静岡に対し、巨人が横たわって俺の邪魔をしている幻想を抱いてしまった。

 ……というのは嘘だ。タイトルにかけただけ(笑)。

 長さの他にも静岡は厄介な点を抱えている。軽車両進入禁止のバイパスが多く、単純に一号を進む事ができない。だがこの点については地元の利を活かして三島から名古屋まで2度横断し、道を完璧に把握していた。

 余談だが俺は今回の挑戦において地図を持たず、迷った時は携帯Google Mapで確認しようと思っていた。しかし最後まで迷う事無く、一度も地図を確認する事はなかった。

 一号を八幡交差点で左に折れ、旧一号に入る。深夜の沼津市街を抜け、海岸沿いの通りへと出たところでコンビニへと入った。眠い。俺は眠眠打破と缶コーヒーと補給食及び水を購入した。眠眠打破とコーヒーを飲みながら板を確認。書き込みに力をもらい、ボトルに水を移し変えてそそくさと出発。
 海岸沿いは微風の向い風。この程度なら問題ない。天候は今の所俺の味方をしてくれている。巡航速度は32~34km/hに落ちたが、心拍は150強。開始から5時間を過ぎてようやく落ち着いたようだ。

 さて、最初の厄介事、富士川越えだ。俺の行き方はおそらく一般の攻略法と異なる。攻略サイトを確認するとこのままr380を進みR139、R1と交差して、r396へと向かう(r=県道 R=国道)。俺はr380から檜交差点でr170に入り吉原駅南側を抜け、旭化成富士支社前の交差点に突き当たる。しかしよく見ると非常に細い道があり、直進できるのだ。ここを抜けるとR1富士由比バイパスに出る。そしてそのまま「道の駅富士」まで行き、歩道に入る。新富士川橋は歩道で渡り、あとは富士由比バイパスと並走しているローカルな道(少々入組んでいる)を突き進む。蒲原駅南側を通ってしばらくすると右折させられ、r396と合流する。
 通常攻略の道より2~3kmお得だった気がする。このクレイジーな挑戦を考えていて、この道を知りたい者がいたら時間が合えば案内しよう。ここのコメント欄にでも書き込んでくれ。ただし依頼を受けるのは3人くらいまでかな。それ以上はわからない。

 そうやって由比を抜け、一号と合流した。快調に飛ばしながら
(もしかしたら24h切りできるかもしれないな)
そう思った。元々完走目的だったので、これは嬉しい誤算だった。

 ……まぁ、甘い考えだったのだが。

 清水を抜け、東静岡でガンダムを横手に眺めながら突き進む。もうすぐ静岡駅だ。俺は持っていたどら焼きを口にした。……呑み込めない。開始7時間で俺の胃は固形物を拒否するようになってしまった。24hで行けたとしてもあと17時間もあるのに、最後まで持つのだろうか……猛烈な不安に襲われた。しかし悩んでばかりもいられない。俺はどら焼きを無理矢理水で流し込んだ。
 静岡駅を過ぎてすぐのコンビニに止まる。ここからは胃に負担の少ない補給食にするしかない。俺はウィダーと飴を購入した。ここで板に現況を書き込んだ。時刻は4:36。ひたすら眠い身体に鞭打ち、暗闇の中を疾走していく。

« Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ②天下の険、箱根 | トップページ | レシピ備忘:野菜豆乳煮込み »

自転車」カテゴリの記事

Cannonball」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ③東海の巨人 静岡(前編):

« Cannonball!【TOKYO⇒OSAKA】 ②天下の険、箱根 | トップページ | レシピ備忘:野菜豆乳煮込み »