トレイルラン

2012年7月28日 (土)

第65回 富士登山競走

 朝3:00起床。仕度をして3:40頃出発し、5:00前到着。

鐘山グラウンドより
039_convert_20120728082811_2

 良く晴れて、登山日和。本日は日本のてっぺん目指して駆け上がる富士登山競走です。
 初めて出場した時は、やたらと大きく見えたんだよなぁ。

スタート地点
040_convert_20120728082848

 まだ並んでおりません。皆さん荷物預けしたりアップしたりしておりました。アップ中、知り合いのYさんに遭遇して、「調子はどう?」と聞かれたり。よくわかりませーん(笑)

 朝7:00スタートの号砲が鳴る。最初は平坦なので、速い速い。
 左に折れると登りが始まる。勾配4%程度なのだけど地味にキツい。

 中の茶屋(7.1km地点)まではキロ5分を切るペースで走る。ここまでは予定通りだったのだけど、この後はダメダメさん。馬返し到着は予定を1分近くオーバー。
 馬返しでバナナ的なものを探したのだけど、置いておらず(または見つからず)想定外の事態にやや困惑。仕方なしにレモン食って出発。エネルギー足りるじゃろかと不安。次のエイドまでややハンガーノック?気味になった気がする。
 3合目付近のエイドでバナナ補給して一安心。どーでもいいけどバナナとろうとしたら目の前で記念撮影始めるランナーいて、バナナを取ろうとすると撮影ラインに入っちゃうから一瞬躊躇。すぐにそんなの待ってられるかと思い直してバナナ取った。こっちは真剣なんです。
 ここまでは走ってこれたけど、この先は歩きがほとんどになってしまった。5合目までは走りきりたかったが……完全に実力不足です。

 5合目到着は1:43ほど。バナナとパンをもらって、ボトルに水を入れて出発。6合目エイド手前でスタート地点であった人とは別のYさんに遭遇。どうやら仲間の応援に来ていたようです。お久しブリーフ。「あ、すごい久しぶり!」「トレラン系の大会は2年ぶりですわ~、めっちゃキツい!」などと話した。
 「がんばれ!」と声援をもらうと同時に背中を叩かれ、活力をいただく。燃えた。

 8合目到着は3時間弱。空気が薄く、すこし走るだけでオーバーヒートしてしまう。無理せず早歩きで進んだ。

 山頂ゴールは3:25ほどでした。最低目標3:30、真の目標3:20だったのだけど、見事にその中間ですね(´・ω・`)
 3:20を切るには、5合目まで走りきれる筋力、心肺能力がないとダメだなーと痛感した。

 最初っから最後まで登るだけでひたすらしんどい。でも不思議とまた挑戦したくなるんだよなぁ(笑)
 鍛えなおして出直す。

 今回使用したシューズはターサーアリビオ2。ずいぶん昔に買って、最近まで練習用に使用してたのだけど、ソールが磨り減ってきてたので最後のお勤めとして使用。

使用後
041_convert_20120728082917

 富士登山競走で使用したシューズは使い物にならなくなると思ってよい。下山時の砂走りでボロボロになる。ソールは削れているし、わかりにくいけど横側の布部分が破れちゃったりしてます。
 トレランシューズならある程度大丈夫なのだけど、登りしかない富士登山競走はダンゼン軽いランニングシューズが有利だよ。使い込んでいらなくなったランニングシューズを使用すると良い。

 ゴールして下山後、温泉入って帰宅。着替えて元上司のお通夜に参列。遅刻だったけど。
 いろいろ強行軍で疲れ果てた一日でした。

2012年7月16日 (月)

富士山練

 今日はぜんぜんダメダメだったー(´・ω・`)
 1時間ちょいでハンガーノックになるとかどんだけ。
 おかげさまふつーに登山してきた感。

 車中から
1342439711294.jpg

 良く晴れてて登山日和だったよっと。

 富士吉田口山頂からの眺め
1342439719423.jpg

 下に見える湖は山中湖よー。

 富士宮口山頂
1342439728382.jpg

 お鉢廻って富士宮口山頂まで。遠くに駿河湾が見えよる。

 剣が峰より
1342439739442.jpg

 なかなか豪快な眺めよな。

 剣が峰の碑
1342439750577.jpg

 先週も撮ったけどね(笑)

 雪渓トラバース
1342439759426.jpg

 なんかびみょーにロープかけて行くのを制限してるみたいだったけど突破(笑)
 立入禁止の札はなかったので、行く人は自己責任、的な感じです。踏み跡辿っておっかなびっくり渡り切りました。
 っつか、山頂は一部剛風吹き荒れてて何度か身体もってかれそーになった。ちょっと体験したことねーほどの強風。


 山小屋でコーラ買ったりして50分くらい?でお鉢廻り終了。下山道使って2時間ほどで下山。なんかサクサク下れて楽しかった。あれ、どんどんトレランが楽しくなってきたぞ(笑)

2012年7月14日 (土)

ゲルフジセンサー シェイクダウン

 朝起きたら豪雨だったので華麗に二度寝。そこから目覚めたら雨止んでたのでゲルフジセンサー試しに箱根へレッツゴー。でまー、おにゅーのアイテム使ってきたよ、と。

 グリップ:普通   
 対衝撃 :良い?  
 重   量:悪い(345g / 27.0cm)

 こんな風に書くと割と平凡なスペックだと思うだろうけど、実際かなり良い品よ?

 足型あってるからか、数字上より軽く感じるわ。走りやすー。トラスティックを省いているから、屈曲性があって路面の感触を掴みやすい。反面小石とかの突き上げ感は強い気がするかなー。でもま、ストレスになるほどじゃないわ。
 今日は豪雨の後のトレイル道だったから、川道泥道走ることになった。思いっきり水の中に足突っ込んでシューズの中がジャブジャブになったのだけど、割とすぐに水は捌けたな。あと泥ん中に足が埋まったりした割には、ゴール後ソール見たらほとんど泥がついてない。まー最後にアスファルトも走ったからその時とれたのだろうけど、多分泥捌けも良い。

 あとは耐久力だけど、これは使い続けないとわからーん。

 レースで使うにはちと重いか。しかしまだまだトレイルランのレース出るわけじゃなし、練習用としてなら抜群にいいわ。やっぱアシックス最高です。


 今日は久々に楽しくトレランできた感。往時に比べればまだまだだけど、ぼちぼち楽しみながら続けていこうかと。

2012年7月12日 (木)

おにゅーのクツ

今まで使っていたアディゼロXTは、縁の部分が踝に当たって痛くなるので、新しいの買っちゃいました。ということでお披露目ー

 アシックス ゲルフジセンサー
1342094738202.jpg

 ソール部分
1342094746365.jpg

 今月出たばっかの新商品なのよー。

 トレイルランシューズもこれで8足目。アシックスで始まり、モントレイル、バスク、アディダスを経て再びアシックスに戻った。アシックスの足型がいちばんしっくりくるのよねー。でも耐久性がいまいちだったので離れたの。が、結局アシックスに戻る。やっぱダメだわ。

 最初はゲルフジレーサー買おうかなーとか思ってたのだけど、富士山で出会った人が300kmほど使ったらボロボロになったと言っていたので、やめた。

 見た目重そうだったけど、耐久性はぼちぼち有りそうだし、どうせ練習で使うだけだろうからまーいっか、と。
 でまー、一先ず履いてみたわけだけど、思ったより軽かった。ソールパターンはシンプルだねー。足裏前面部が分割されているせいか、結構屈曲する。グリップ力はどんなもんだろ?勘だけど、いー感じに路面を掴んでくれそうな気がする。週末富士山で使う……といきなりボロボロになるよな(笑)
 うーん、一先ず箱根にでも入ってみるか。富士山練習はアディゼロでがんばってみよう。

続きを読む "おにゅーのクツ" »

2012年7月 1日 (日)

またまた富士山練

 今回は中の茶屋から山頂まで行ってきました。

 先週登山道は地割れやら倒木やらで走りにくかったけど、ずいぶんと整備されてた。
 本日の装備は

 ・クラフトインナー
 ・駿府マラソンでもらったロンT
 ・CW-Xタイツ(七分丈)
 ・X-SOCKS
 ・アディゼロXT
 ・ウインドブレーカー
 ・ルーファス

です。筋肉痛が残っててあましやる気なっしんぐ。走ったり歩いたりしながらテキトーに登る。心拍は160ちょっとだったな。
 佐藤小屋までは1:30弱。馬返しからは先週より4分くらい早かった。意外とまじめに登った?

 佐藤小屋からはひたすら歩き。7合目くらいから高山病の気が出てきて頭が痛くなったり。
 8合目に差し掛かったあたりで後方から追い上げて来る人がいて、びっくり。あれ、俺追いつかれるの?そいつも業腹なのでちょっとペースを上げた。なんとかかんとか山頂迄逃げ切ることができた。

20120630_113758

 雲海ですねー。

 下山は来た道を戻る。下山道はまだ雪に埋もれているようで、使用不可。おかげで岩場を下る恐怖をたっぷり味わった。佐藤小屋までで脚の筋肉終わるわマメができるわで、トレランする気も失せた。まだまだヨワヨワですなー。
 あと右踝がやたらと痛くなってた。どうもアディゼロXTだとふちの部分がぶつかって、痛くなるのよね。新しい靴買うか……あれ?俺トレラン続けるの?(笑)

 四合目あたりで見覚えのある人に遭遇して、聞いてみたらやっぱしそうだった。「ハセツネ」はもうやらないの?って聞かれましたが、今の俺の脚力じゃムリですのん。まぁ、トレランもおもろいで、ぼちぼち練習は続けてみよかね。

2010年6月29日 (火)

TJAR選考会感想

1日目
・最初のロードは問題なし。しかし本戦では北及び中央越えてこれやるのは寒気を覚えるw
・地蔵尾根は去年に比べれば目印が格段に多くなっているので迷わなかった。
・読図審査は最初の1箇所が若干不安。残り2箇所は自信あるが果たして……。
・仙丈ケ岳は残念ながらガスってた。
・露営テスト:設営失敗、撤収成功。設営場所の地面が硬すぎてペグ刺さらず……orz
・アルファ米初めて食べたけどむちゃくちゃうまかった。ま、ロケーションのせいでしょうw

無理せず進んだ為、体力的には問題なし。それでもCTの60~65%で進めてたと思う。このペースなら3日目くらいまでは問題ないだろう。その先は知らんけどw

露営中はずっと雨。ツェルト内は水浸しだったが、それ自体はあんま気にならなかった。寝つきが悪いのはいつもの事。

2日目
・朝食にアルファ米。うまい!
・出発前のブリーフィングで「天候状況は悪くなる方に向かうでしょう。なにかあっても助けられません」みたいな事言ってた。やっぱ通常のレースじゃないなw
 まぁ、登山するなら自己責任は当たり前。
・3:15スタート。雨がひどい。最終的に雨具は役立たず状態。
・尾根上は風が強くて寒かった。
・落ちたら即死w
・大仙丈ケ岳に辿り着いた時、むしょーに感動。
・小仙丈からの下りで、以前からの故障をかばって変な下り方してたら足のマメが凄い事になった(^^;
 北沢峠間近で歩くことしかできなくなり、ハイキングスピードまで落ちる。
・北沢峠でマメ対策。なかなか具合がいい。
・20.6㌔のロード。ひたすら下る。この区間は単調で、一番つらかった。
・ゴール後危険予測テスト。手が震えてただでさえ下手な字が、酷いことにw あれは読めたのだろうか……。

取り合えず関門はクリアしているが、読図、露営、記述テストがどうなんだろうか。特に露営は設営で失敗しているし。ま、できる限りやった。あとは天に祈る!

感想としては面白かった。もっとボロボロになるかと思ったけど、意外とそうでもない。うまく体力をマネジメントできたと思う。しかしみんな速いなー。もっと鍛えよう。

2010年6月27日 (日)

TJAR

6/26,27でトランスジャパンアルプスレース選考会に参加。

やっぱアルプスはパネェw

2010年6月19日 (土)

富士吉田口登山道

今日は富士山で高地トレーニング

種目:トレイルラン
コース:富士吉田口登山道(馬返し-佐藤小屋)
=======================
登り
タイム:01:00:59
平均心拍:158
=======================
下り
タイム:00:41:32.5
平均心拍:131
=======================
1回目は負荷掛けのため、重りとして水4ℓ余計に持つ。その他は雨具・携帯・お金・ハイドレーション2ℓ。スタート時点は7.5~8㎏か。途中富士登山
競走練習の人たちと話しながら登ったりする。

=======================
登り
タイム:01:01:42
平均心拍:161
=======================
下り
タイム:00:56:09.9
平均心拍:135
=======================
2回目は外くるぶしに痛みが出ていたので悩んだのだが、結局やった。面倒くさいので水4ℓは下ろした。まー、まさか1回目より遅くなるとは思わなかったw
で、佐藤小屋ついた後スバルラインまで行ってアイスとかパンとか食ってまったりした。お陰さまでやる気が失せるw
おまけに外くるぶしの痛みがかなり悪化したので、かなりゆっくり下ることになってしまった。

トータル:03:40:24

この痛みは来週までに治るのかね……かなり困った。

2010年6月13日 (日)

三伏小屋ピストン

今日は塩川小屋前駐車場から三伏小屋まで往復。距離にして16kmほど。強烈な急登だった……(^_^;)

森林限界ぐらいは残雪結構あるなぁ……。あと2週間で消えるのか……?

2010年6月12日 (土)

南アルプス

仙丈小屋

雪が凄くて目の前にあるのに辿り着くのにえらい苦労(^_^;)


仙丈ケ岳ピーク

ガスって周りみえーん(-_-;)


仙塩尾根

帰りがけに晴れて見えた


柏木―仙丈ケ岳往復(地蔵尾根)で八時間程。疲れたー